スポンサーサイト

--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤ちゃんのブログがいっぱい にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
子育て中のママさんのブログがいっぱいにほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

出産の時の記録 その2

2013-11-16(土)


昨日の話しの続きです。



そうこうしてるうちに、

10分間隔の陣痛は、

段々間隔がせばまってきて、

唸り声をあげないではいられないほどの痛みになってました。



それを見てた旦那が、

大丈夫?

と声をかけてきてくれるのですが、

っもう、その時は、その声に反応するのも辛いし、

とにかく放っておいて欲しい


勝手ながら、

陣痛の痛みが襲ってきてたら、

 私に声かけないで。

 あと、私に触らないでね。

 一人で苦しんで唸ってるから、

 何も言わないで放っておいて


と言っておきました。



そんな事から、旦那は2,3メートル離れたソファーに、

一人でポツンと座ってました。

そして、助産師さんが、

私の背中や腰などをマッサージしてくれてました。

強い痛みから、

吐き気が襲ってきて、

4回位吐いてしまいました。



そうこうしてるうち、

助産師さんが、

もし、いきみたい感覚がきたら、

 ナースコールしてくださいね


と言って部屋を出ていきました。



しかし、助産師さんが出て行った次の陣痛では、

もうすでに、いきみたい感覚が!!!




それからは、数分感覚で来る陣痛の度に、

もう出そう!!

 いきみたい!!!


恥ずかしい位、何度も叫んでしまいました。


すると、後から部屋に入ってきて、

私の様子をみたベテランの助産師さんが、

私を担当していた若い助産師さんに、

何やってるの!!!

 もう分娩台に連れていかないと間に合わないよ!!!

 急いで分娩台に連れてって!!!


と、怒鳴りつけているのが聞えました。



この時、

そうだよ~~~~。

 ずっといきみたいって言ってるのに~~


とホッとしました。



そして、

看護婦さん達の肩を借りて、

分娩台へ上がりました。



もう、この時は、

赤ちゃんが、

おしりから出る~~~~!!!!!

我慢できない!!!!


と言う感覚と、脂汗で額はびっしょり。



けど、まだいきんで良いとは言われてないしで、

もう、痛いし苦しいしで、

私は、

もう出そう!!!!

 出そう!!!!


何度も何度も叫んでいました。

我に返るとお恥ずかしい・・・



そして、先生から、

もう、いきんでいいですよー

と言われ、

3回いきんだくらいで、

ふぎゃああーーーー!!!!

夜中の0時13分。

2396gの元気な男の子を出産しました。

分娩台に上がって5分~10分で産まれました。

いきんだのは3回位だったかも。




そして、その数秒後には、

おっぎゃ~~~!!!!

 おっぎゃああ~~~!!!


病院中に響き渡るんじゃないかってくらい、

ケイは大きな泣き声を聞かせてくれました。




あー太は、仮死で産まれてきたので、

この元気な泣き声を聞くことができませんでした。

また、産まれてすぐに急いで新生児の治療室に運ばれた事から、

抱っこできないのは勿論、

姿さえも見る事もできませんでした。

また、かなりバタバタしてた事もあってか、

「おめでとうございます」

と言う言葉も言ってもらえませんでした。




けれど、今回は、大きな泣き声を聞かせてくれ、

赤ちゃんを洗った後、

分娩台の上で抱っこができ、

ケイを抱いてる姿を旦那にビデオ撮影してもらい、

医師や助産師さん達から、

おめでとうございます!

と声をかけてもらいました。

あー太の時に叶えられなかった願いが叶った出産でした



あー太を1時間で出産してる事。

仮死で出産してる事。

そうした事から、

今回の出産も、また同じことになったら・・・

と、出産の日々が近づくにつれ、

とても不安と恐怖でいっぱいでした。


けど、今回はどちらにもなる事なく、

無事に元気な男の子を出産する事ができました。




そして産後、私が入院してる部屋に、

子宮口を縛ってくれた時に担当してくれていた、

チームの中の一番手の先生が来てくれてこう言われました。

よく36週までもってくれたね~!

 良かったねー。

 あと、抜糸して2日後の出産だったし、

 やはり糸でもっていたんだね。

 手術して本当に良かったね。


 あとね、チイさんの手術は大成功だったんだ。

 Y先生(手術をしてくれたチームの2番手の先生)、

 子宮口縛るの上手で、

 高い位置できつく縛れたの。

 勿論、チイさんが自宅に帰ってから安静を守り抜いた事が一番だけどね


と言ってくださいました。



やはり、子宮口を縛った糸でもっていたようでした。

そうだよね・・・

抜糸して2日後に突然の破水だものね



今回の妊娠から出産も、

色々な人の手を借りてケイを無事に出産する事ができました。

おかげさまで、こうして2児の母になる事ができ、本当に夢のようです
赤ちゃんのブログがいっぱい にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
子育て中のママさんのブログがいっぱいにほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ : 主婦の日常日記 - ジャンル : 日記

22:42  |  生後2歳8ヶ月&0ヶ月  |  EDIT  |  Top↑
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。