スポンサーサイト

--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤ちゃんのブログがいっぱい にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
子育て中のママさんのブログがいっぱいにほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

術後、2度の破水騒動(入院中の記録)

2013-07-27(土)

子宮頸管縫合術は、無事に子宮口を縛れて、

直後に破水しなかったら安心だとは言えません。

子宮をいじった事から、

術後数日も要注意で、かなりお腹が張りやすくなっており、

数日間は特に、破水の危険があります。





実際に、あー太の時に入院してた時同じ部屋だった方は、

この手術から数日後、破水してしまいました。

幸い、高位破水だった事もあり、

その後、破水は止まり、無事に妊娠継続できたのが幸いでしたが・・・





また、医師からも、

流れる感じとかがあったら、

 直ぐにナースコールしてね


(流れる感じとは破水の事です)

と強く言われてました。



なので、破水してないか、ちょくちょく自分で確認してました。

実は、私は、あー太を妊娠中、

25週と26週位で、何度か高位破水を経験しています。

そうした事から、羊水が流れ出る感覚と言うのは経験してるのでわかっているつもりでした。




そして、手術をした日の夜中の事でした。

なんとなく、お股がしめってる感じがしました。

もしかして破水!?

嫌な予感がして、すぐにナースコールを押しました。



通常だったら診察の際、車椅子で診察室へ行くんだけど、

手術したばかりで安静と言う事もあり、

先生達が、移動可能の大きなエコーの機械を運んでやってきました。

夜中だと言うのに、5、6人いたかな。。。



そして、最初、器具を入れて目で見て診察した先生が、

う~ん・・・破水かなぁ・・・・

とつぶやいていました。


っもう、これを聞いた時は怖くて怖くて、

妊娠継続できない事も覚悟しました。



しかし、その後、その破水の疑いがある膣の中の液を検査薬にかけると、

破水反応はでませんでした。



そして、

これ、破水じゃないねー。

と言われました。



これを聞いた時は、

ああ・・・良かった・・・

と言って、

全身の力が抜けていくのがわかりました。



そして、一応腹部エコーで羊水の量と、

経腟エコーで子宮頸管の長さも測ってくれました。



結果、羊水の量異常なし、

子宮頸管の長さは術後の23ミリと同じと言う結果で、

問題ありませんでした。




とにかく、ほっとしました。

おかげで、手術した日の夜、

ぐっすり朝まで眠る事ができましした。




しかーーーし!!!

またまた事件勃発!!!




6月20日、手術翌日の午前中、

お部屋のみなさんと話をしてる時、

急にくしゃみがしたくなって、

ブッシューーーーン!

と、くしゃみをしてしまった瞬間、

膣の中から、

ドロッ!!!!

と、何かが沢山でた感覚が!!!!




うわ!!!

 今のくしゃみで股から何か出たかも!!!


そういうと、

お部屋のみんなも慌てて、

早くナースコールした方がいいですよ!

と言ってくれ、急いでナースコールしました。



急いで看護婦さんが来て、

カーテンを閉めて股から出たものを確認してくれました。

すると、おりものに鮮血の血がまじってるものが出てきてました。

これを見た時は、

血~~~~~~~~~!!!!!

とかなり焦りました。

なぜなら、術後でもあまり出血はないと聞いていたからです。



そして、看護婦さんがバタバタと急いで先生を呼びに行きました。

またまた、沢山の先生が来て、

急いで診察してくれました。

昨日の夜、診てくれた先生とは違う先生でした。

ちょっとざっくばらんな、おじちゃん先生って感じの先生。




そして、器具を入れて膣の中を覗いた瞬間・・・

これ、破水っぽいなぁーーーー!

大きな声で言いました。


嘘でしょう!??!?!?!

昨日、大丈夫だったのに!!!!




頭の中はパニック状態でした。

どうしよう、どうしよう、

今破水なんてしたらどうなっちゃうの!?


頭の中は混乱状態でした。



そして、そのおじちゃん先生が、

検査薬持って来て!

と言って、再度検査薬で確かめました。



すると・・・

あ!破水じゃないねー。

 良かった良かった!

 昨日の手術で使った○○液だよー。

 (液の名前は忘れちゃった)

 たまに、これが膣の中に結構残っちゃってる人がいるんだよね。

 その液だねー


と言う事でした。


ああ・・・・良かったぁ。。。。

心の底からこみあげて、

大きな声でつぶやいてしまいました。



こんな感じで、

術後2度も破水疑い騒動があって、

ほんの数分の出来事なんだけど、

精神的にはどっと疲れました




更に、午後には鮮血の出血があり、

またまたナースコールをする騒動もありました。

この時も、また、先生達が直ぐに診察してくれて、

結果・・・

お腹の張りからくる出血だったら非常に良くないけれど、

 子宮頸管の長さは24ミリで昨日と殆ど変らないし、

 この出血は子宮口を縛る手術の縫い目から少し出血したのだと思う。

 それなら問題はありません。

 ただ、今の時点でははっきりとは言えないので、

 今は経過をみるしかないですね。

 一応、絶対安静で!


との事でした。



そして、午前中にやっとおしっこの管を取ってもらったのですが、

午後、出血があった事から、

再度おしっこの管を付けられてしまいました。


この管、一度はずして付けると、

更に不愉快だわーーーー



けどけど、安静に越した事ないものね。。。

と自分に言い聞かせました。



そんな感じで、

術後から術後翌日は、

本当に心臓に悪い騒動で精神的にクタクタでした。



長くなったので、続きは次に・・・
赤ちゃんのブログがいっぱい にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
子育て中のママさんのブログがいっぱいにほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ : 主婦の日常日記 - ジャンル : 日記

22:33  |  生後2歳4ヶ月  |  EDIT  |  Top↑
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。